初診受付サービス

皮膚科・形成外科

身原皮ふ科・形成外科クリニック

〒730-0013
広島県広島市中区八丁堀14-7
八丁堀宮田ビル7F

お電話でも予約を承っております。
お気軽にお問い合わせください。

082-512-4112

まき爪

巻き爪の原因

巻き爪になる原因には、大きくわけて3つあります。

  1. 爪切りが不適切
  2. 爪に巻く力が過剰に加わる
  3. 指に力が加わらない

1.巻き爪の最大の原因は深爪です。

深爪をすると指先の爪で覆われない部分が大きくなり、この部分の皮膚が歩くときなどに力を受けて盛り上がり爪が伸びる際に巻き爪となります。また、爪の角を落とす切り方も巻き爪の原因となります。

2.足に合わない靴を履いている、肥満、外反母趾(がいはんぼし)などがあると、靴や体重、隣の指などから過剰な力がかかり、巻き爪の原因となります。

3.寝たきりの方にも巻き爪は多く、これは本来爪が丸まっていく性質があり、歩行時に下からの力が加わって平らになるためです。

寝たきりの方や親指を使わず歩く癖のある方はこの力が加わらないため巻き爪となる場合があります。

巻き爪の治療

巻き爪が軽い場合にはご自身でのケアも有効です。

  1. 正しい爪切り
  2. 足にあった靴をはく
  3. テーピング

などの対応で症状がなくなる場合もあります。

(当院でも軽症の方にはテーピングなどを指導させて頂きます。)

しかしながら、巻き爪が酷い場合や、爪が厚くなったり、爪が食い込んでキズや肉が盛り上がっている場合などはご自身でのケアで良くすることは難しいことが多く、専門的な治療が必要になります。

当院では巻き爪のワイヤー矯正法を受けて頂けます(自費)。

当院院長はワイヤー矯正法の経験が長く、これまでにも年間100例以上施行してきました。

医療機関以外でもワイヤー法を施行している施設もみられますが、当院は熟練した医師による診察があり、周りの皮膚トラブルも含めて総合的に治療が可能です。

ワイヤー矯正法は、爪を持ち上げる力のあるワイヤーを巻き爪に装着して、巻き爪を徐々に矯正する方法です。初回は痛みを伴いますが局所麻酔などは必要ない程度の痛みで、二回目以降はだんだん痛みが軽くなっていきます。

施術時間は巻き爪の重症度により様々で、矯正されるまでに何回施行が必要かは、その方の爪の厚さや巻き爪の重症度、体格や仕事などの環境により個人差がありさまざまです。

巻き爪の程度が軽いうちに治療を受けたほうが、回数を少なくできます。

ご自身のケアでは良くならない時は、早めに受診しましょう。


院長ブログ
オンライン診療

クリニック案内

医院名
身原皮ふ科・形成外科クリニック
院長
身原 京美
住所
〒730-0013
広島県広島市中区八丁堀14-7
八丁堀宮田ビル7F
診療科目
皮膚科・形成外科
電話番号
082-512-4112