初診受付サービス

皮膚科・形成外科
医療法人 近和会

身原皮ふ科・形成外科クリニック
〒730-0013
広島市中区八丁堀14-7八丁堀宮田ビル7F

お電話にて、ご予約を承っております。

お気軽にお問い合わせください。
082-512-4112

院長ブログ

2024/6/22日刊ゲンダイヘルスケアにインタビュー記事が掲載されています!

全国的に配信され、yahooニュースにも取り上げられるメジャーな媒体「日刊ゲンダイヘルスケア」に院長のインタビュー記事が4回シリーズで掲載されています。

日本人の6割が保有…しつこい口唇ヘルペスは新たな「PIT療法」で撃退できる|日刊ゲンダイヘルスケア (nikkan-gendai.com)

以前も載せていただいた熱傷の記事が好評だったようで、再びご依頼をいただきました。

くり返す口唇ヘルペス、性器ヘルペスでお悩みの方は是非ご相談ください。


2024/6 /14 多汗症について

日中は30度を超えるようになり、汗ばむ毎日です。

ヒトの汗腺にはほぼ全身に分布するエクリン汗腺と比較的特定部位に存在するアポクリン汗腺があります。

多汗を引き起こすのは前者のエクリン汗腺です。温熱刺激によって汗が出て、体温調節に関係しており、交感神経やアセチルコリンという物質に支配されています。

汗をかくのは体温調節に必須で、重要な機能ではありますがワキ汗によりシャツにシミが出来たり、汗がダラダラ流れたりするのは嫌なものです。

手汗は季節に関係なくみられますが、酷い方になるとスマホが故障したりすることもあるようです。

このような多汗症のお薬は今どんなものがあるのでしょうか。

全身の多汗にはあまり良いお薬はなく、抗コリン剤という交感神経の伝達をブロックする飲み薬が保険診療で処方可能です。

しかしながら、このお薬は緑内障(閉塞隅角というタイプの方)や前立腺肥大のある方などには処方できませんし、口渇や目の調節障害(視界がぼやける、光をまぶしく感じる)もおこる可能性があるお薬になり、常用するのは難しいことが多いので、どうしても汗を止めたい時のみに飲んで頂くようにしています。

一方、脇と手のひらには抗コリン剤の塗り薬が保険適応になっています。

脇汗には2種類、手汗には1種類の塗り薬が処方できますが、いずれも作用機序としては交感神経からエクリン汗腺(汗を主にだす汗腺)への指令伝達をブロックするお薬です。


科研製薬株式会社HPより


ワキ汗には、エクロック(ゲルタイプで塗るもの)、ラピフォートワイプ(不織布にお薬がしませてあるもの、拭くタイプ)の2種類がお好みに応じて処方できます。

手のひらは就寝前に塗るタイプの1種類です。

ワキ汗は塗り薬で効果不十分でしたら、ボトックス注射も保険で受けていただけます(効果持続は3,4カ月)。


考文献:あたらしい皮膚科学第3版 清水宏著 中山書店

2024/6 /5 日光アレルギーについて

日差しが強くなり、海やアウトドア活動でひどい日焼けをされて受診される方がちらほら出てこられました。

「日焼け」は皆さんイメージがしやすいかと思いますが、「日光アレルギー」はご存じでしょうか?

「日光アレルギー」とは、日光を浴びることにより、日焼けとはことなる発疹(湿疹やじんましんなど)が出る状態です。

「日焼け」が個人差はあるものの、ある一定量以上の日差しを浴びると誰にでも生じるのに対して、「日光アレルギー」は日光に対して過敏になっている方に発症し、少しの日差しでも発症するリスクがあります。

内因性(遺伝的なものや他の病気が関与)と外因性(薬や化粧品などの使用がきっかけとなる)に大きく分けられますが、原因不明のものも多く存在します。

薬の使用で代表的なものは湿布です。

湿布の中には光接触皮膚炎といって、湿布の薬剤と日光(主に紫外線)が合わさることによってかぶれを起こす場合があり、症状もひどい水疱ができ長引くことがあります。湿布による光接触皮膚炎は湿布を貼らなくなった後も2ヶ月程度の遮光を要するなど、その後のケアも大変であり、湿布は注意書きに従って、適切な場所に使用しましょう。

また日光にあたるとじんましん(赤くはれて数時間で消えてしまうことが多いです)が出る方もおられます。

日光によることが明らかな場合は、日光を避けることが重要で、日焼け止めのみでなく帽子やサングラス、衣服などでの遮光が大切です。

「日光アレルギー」の診断は、症状や病歴、薬の使用歴などを総合的に考慮して行います。

その症状も多彩で原因となる光線もさまざまで、診断が困難なものも少なくありません。

日光を浴びた部位に痒みのある湿疹やじんましんが出る場合には、医療機関を受診して相談されてください。

考文献:あたらしい皮膚科学第3版 清水宏著 中山書店、戸倉新樹 アレルギー55:1382-1389,2006 

2024/5 /21 毛虫皮膚炎について

そろそろ毛虫皮膚炎の時期になってきました。

「毛虫皮膚炎」?あまりなじみのない方もおられるかと思いますが、“毛虫”のうち全体の2%が毒性をもつと言われています。

主にドクガ・チャドクガなどの幼虫(毛虫)の毒針毛が皮膚に刺さることで生じるのが毛虫皮膚炎です。

チャドクガは、ツバキや山茶花などに毛虫が潜んでいることが多いとされます。

毒針毛は直接触れることで刺されるだけでなく、空気中に散布されることもあり、屋外作業中に気づかないうちに刺さってしまい発症することも少なくありません。

刺されてすぐに蕁麻疹のように痒くなり(即時型反応)、掻きむしることでどんどん広がる場合もあれば、毒針毛に触れた1~2日後に症状が出る(遅延型反応)場合もあります。

診断は、この時期に分布に偏りがある赤い丘疹(ブツブツ)が、急に沢山出てきて痒みが強い、庭の手入れや山にいったなどの病歴から行いますが、毛虫との接触を自覚されていない場合も多々あります。

治療はステロイドの塗り薬と抗ヒスタミン剤(かゆみ止め)などで行いますが、1週間以上長引くことも多いのが特徴です。

考文献:虫と皮膚炎改定第2版 夏秋優著 秀潤社、 あたらしい皮膚科学第3版 清水宏著 中山書店

2024/5 /4 繰り返す口唇や性器ヘルペスの治療について


口唇ヘルペスや性器ヘルペスを引き起こす単純ヘルペスウイルスは、
2つの型(1型と2型)があり、
 
1型は世界中で37億人(世界人口の67%)
2型は4.9億人(世界人口の13%)
が感染していると言われています。
(2022年WHO)
 
 国内での調査でも2002年のデータにはなりますが
1型は60%程度
2型は10%程度
 が感染しているという結果が出ています。
 
 単純ヘルペスウイルスは感染後体内に潜伏しますが、初感染では症状がないことがほとんとです。
残念ながら一度感染した単純ヘルペスウイルスは体内から出ていくことはなく、一生涯潜伏しています。
そして時に症状を引き起こします。
 
疲労やストレス、日光暴露など免疫が落ちた時に、ピリピリとした初発症状を伴って潜伏している神経節が支配している皮膚領域に赤みや水疱を引き起こします。

再発性口唇ヘルぺス患者さんは、66%もの方が日常生活の広い範囲で制約を受けており (2022年インターネット調査)、とても苦痛を伴う疾患です。


単純ヘルペスウイルスには増殖を抑制する抗ウイルス薬があり、ウイルスが増殖する前に、いかに早く内服するかがとても重要です。

また、再発を繰り返す方は、皮疹が出る前にピリピリやむずむずといった初発症状で単純ヘルペスの再発が分かられる方が多いのです。

この初発症状の時期への治療が保険診療でできるようになっています。

ヘルペスが出ていなくても、処方が可能で、
普段から患者さんに携帯いただき、ヘルペスが出そうになったらご自身の判断で内服して頂ける治療


 
Patient intiated therapy(PIT)



 といいます。
 
 
 
2回飲むお薬と
1回の内服ですむお薬も保険適応があります。
 


再発する口唇ヘルペスのお薬は、症状がなくても処方できます!
 
繰り返すヘルペスでお悩みの方は
是非ご相談くださいニコニコ

2024/3/29日刊ゲンダイヘルスケアにインタビュー記事が掲載されています!

全国的に配信され、yahooニュースにも取り上げられるメジャーな媒体「日刊ゲンダイヘルスケア」に院長のインタビュー記事が4回シリーズで掲載されています。

やけどの正しい治し方(1)「ラップ療法」で本当にしっかり治せるのか?|日刊ゲンダイヘルスケア (nikkan-gendai.com)

やけどの正しい治し方(2)ラップ療法は「湿潤療法」のひとつだがデメリットも|日刊ゲンダイヘルスケア (nikkan-gendai.com)

やけどの正しい治し方(3)応急処置は清潔な流水で20分冷やす|日刊ゲンダイヘルスケア (nikkan-gendai.com)

やけどの正しい治し方(4)残った傷痕をいかに改善できるか|日刊ゲンダイヘルスケア (nikkan-gendai.com)

これは「日刊ゲンダイヘルスケア」の記者さんからクリニックに電話で取材依頼があり、オンラインインタビューでお応えした内容です。

院長に依頼があったいきさつは、アメブロに記載させて頂いていますが、

日刊ゲンダイヘルスケアの取材を受けました! | 広島 八丁堀の身原皮ふ科 形成外科クリニック院長・身原京美のブログ (ameblo.jp)

前職の長崎病院時代に書いた傷に関してのコラムに感銘をうけられたとのこと。

記者さんがやけどをされた時、ラップ療法をして綺麗に治ったとことで、他の方にも勧めておられたそうです。

 

そんな経験もあり、湿潤療法について調べていたところにコラムにたどり着かれお読みいただいたようです。


このように分かりやすく、フェアな文章はネット上になかなかありませんので

読んだ瞬間に、ぜひ身原先生にお話をお伺いできれば、と思いました。

ラップ療法は、医学的にはおすすめできる治療法ではありません。

その理由ややけどの基礎知識、応急処置について、またやけどのあとについてもお話しております。

ぜひご覧ください。

2024/3/8低温熱傷について

春らしくぽかぽかすると思ったら、急に冷え込みが強くなり、時には雪まで舞うこの気候のせいか、低温熱傷の患者さんがチラホラご来院されます。

低温熱傷とは、あまり熱いと感じない程度の温度でじっくりと時間をかけておこるやけどのことです。

(例えば44℃であれば6~10時間でやけどになると言われています)

液体や固体による普通のやけどは、「熱い」と感じればそれを避ける行動をしますし、液体であれば流れるので、火事などの特殊な場合を除いて熱との接触時間は短いことが多いのですが、低温熱傷の場合は少し熱いくらいの温度で、しかも睡眠中や飲酒後の知覚が落ちているときに生じるので、接触時間が長くなり結果としてやけどの深さが深くなりがちです。

低温熱傷の原因としては、睡眠中に使用した湯たんぽや、飲酒後に電気ヒーターの前でうたたねをしたなどが多くみられます。

低温熱傷の特徴は、やけどの面積自体は大きくないので生命にかかわることはほとんどありませんが、その深さが深く、治るまでに1月以上かかることも良くあります。ごく小さい面積の場合、塗り薬などで治ることもあるのですが、壊死がある程度の範囲で見られるときには外科的な治療を必要とします。壊死を取り除くデブリードマンや、植皮など行うことも珍しくないのです。

当然傷痕も残りますし、治るまでの過程で感染を伴い赤くはれて痛みをともなうリスクも高くなります。

湯たんぽの使用はなるべく避け、どうしても使う場合でも寝床を温めるのみとし、布団に入った後は布団から出すようにしましょう。

ヒーターに同じ姿勢で当たり続けることはとても危険です。

まだまだ冷え込む日が続きそうです。お気をつけくださいね。

2024/2/27水虫について

最近水虫?の方のご来院が増えてきています。

足に痒みがあると、「水虫では?」と心配になりますよね。

実際に“水虫“と言ってこられる方の中には、水虫(足白癬)ではない方も結構な数おられます。

水虫の診断には、顕微鏡での検査で白癬菌を検出する必要がありますが、市販の水虫薬などを塗っておられる場合には、表面の検査できる部分の白癬菌がおらず、検査をしても陰性になることが多々あります。水虫薬を塗っておられる場合、塗るのを中止して2週間くらいあけてからの検査でないと、信頼度がおちることが知られています。

水虫菌(白癬菌)は健康な皮膚には存在しない菌ですので、顕微鏡で検出するだけで病的なものだと診断ができます。

足に痒みがあるだけで水虫を心配される方も多いのですが、ムレなどでも痒みは起こることもあり、診察して白癬菌を検出することが診断には重要になります。水虫でない方に水虫のお薬を処方しても、症状は改善しません。時々クリニックでも漫然と水虫薬を塗っておられてもかゆみや皮むけが良くならないといって来院される方をみかけます。

水虫菌(白癬菌)には耐性菌は今のところ見つかっておらず、きちんと塗られていても良くならない場合は水虫でない可能性も考える必要があります。

水虫であれば、目に見えて発疹がある範囲より十分に広く塗る必要があります。足全体、足趾の間や足の甲まで、両側に十分な期間(最低でも2ヶ月間)塗って頂く必要があるのです。

参考文献:日皮会誌:132(9), 2125-2131, 2022


2024/2/20花粉と皮ふ

気温が高くなり、花粉症の方には辛い季節になってきました。

花粉は皮膚にも影響することはご存じでしょうか?

「花粉皮膚炎」と呼ばれるもので、花粉が皮膚に付着することにより、主にマスクので覆われていない

目の周りや鼻などに、赤みやかゆみ、腫れやかさつきなどが出ます。

これは花粉症のない方にも発症することが分かっており、特にスギ花粉で症状が出る方が多いようです。

この花粉皮膚炎の発症には、皮膚のバリア機能もかかわっていることが知られています。

バリア機能が下がっていると、外部からの刺激に弱くなり、軽い刺激でも痒みが出て、掻きむしることでさらに皮膚炎が悪化します。

アトピー性の方や乾燥肌の方、花粉症の方などもともとバリア機能障害がある方やアレルギーをもっておられる方に発症しやすいのです。

花粉にさらされるこの季節、しっかりとこすらないスキンケアをして保湿し、皮膚のバリア機能を整えておきましょう。

そして外出から帰ったら、露出していた部分の皮膚を水やぬるま湯で優しく洗浄し、保湿しておくことも大切です。

参考文献Molecular aspects of allergens in atopic dermatitis. Curr Opin Allergy Clin Immunol. 2017 Aug; 17(4): 269–277

2024/2/17肝斑の診断・治療の難しさ

このシミ、肝斑でしょうか?

と言ってご来院する方があとを絶ちません。


肝斑は治療もそうですが、診断の難しさがあるシミです。

典型的な肝斑は

両側のほほ、特にほお骨の上や額、唇などにべたっとした茶褐色のシミがときには網目状に見えることもあります。

眼窩内にはみられないのも特徴です。時に額にも見られる場合もあります。


このような典型的な肝斑の診断はさほど難しくないのですが、問題は典型的な方はむしろ少数であること。

左右非対称であったり、頬や額以外にも出現することもあります。

また肝斑のみでなく、老人性色素斑やソバカスなど他のシミが混ざっていることもしばしばです。

肝斑はスキンケアやメイクに要因があることも多いとされ、クリニックではスキンケア問診にて、普段のスキンケアをお伺いしております。

またレビューⅡという、見えないシミも可視化する機器も用いて、診断・カウンセリングしております。


肝斑の治療には、レーザー(トーニング除く)やフォトフェイシャルは肝斑を悪化させる可能性があるとされており、クリニックではまずピーリングやエレクトロポレーション、レーザートーニング、塗り薬や飲み薬で自費で治療させて頂いております。

そして“こすらないスキンケア”も絶対的に必要なこととして、丁寧に医師、看護師より指導させて頂いており、治療中でもお肌の状態に合わせて、随時見直しのお声がけもさせて頂いているのです。

2024/2/4 キズの手当

日常的におこるケガ、転んですりむいたり、頭をぶつけたり、様々なケガのご来院が後をたちません。

ケガはいきなり起こるもの、どのような手当をするのが良いのでしょうか?

まずキズの深さの見極めが大切!

出血が止まらない、明らかに凹んでいるなどは医療機関への受診が必要です。

すりむいた程度のキズでは、まず水道水での洗浄をしていただき、表面に汚れがないか、皮膚の凹みやヨレがないかを観察しましょう。

キズの上になにか異物がある、凹みがある、皮膚がずれているなどがあれば受診が必要です。

出血もなく、皮膚に凹みもなく、表面に異物も内容でしたら、洗浄後にまずキズパワーパッドなどで覆います。

キズパワーパッドから汁があふれることもなく、しっかりくっついているようであれば、2,3日毎の貼り替えを洗浄後にしてください。

貼ったものを剥がす時も、乱暴に剥がしてしまうとできかけた皮膚を痛めてしまいます。

ゆっくりと丁寧にはがして、キズが治ってきているか観察しましょう。

汁が溢れて貼ったものがはがれやすい、キズの周囲が赤くなって腫れてズキズキする、キズが白っぽくなっている、1週間くらいしてもキズが治ってこない、などあれば早めの受診をオススメします。

キズの深さの見極めは難しいものです。

不安な時はお気軽にご相談くださいね。

参考文献:日本皮膚科学会 創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン2023-1創傷全般

2024/2/1しもやけにご用心

寒暖差が多い毎日で、体調を崩しがちですね。

最近増えているのが、「しもやけ」の患者さんです。

この冬は暖かかったせいか、これまであまりご来院がありませんでしたが、年明けから少しずつご来院が増えています。

「しもやけ」は皮膚科的には「凍瘡(とうそう)」といい、寒冷による皮膚の血行障害によるものです。

くり返し寒冷刺激を受けることにより、うっ血を起こし炎症がおこります。腫れや赤み、痛痒さなどを生じ、酷いときにはキズが出来ることもあります。

治療にも予防にも保温が一番!外で活動される方はブーツを履く、靴下を保温効果の高いものにする、足用のカイロを使用する(ただし、やけどに注意!)など足が冷えないようにしてください。

室内でも厚い靴下や室内履きなどでの保温、暖房器具で足元を温めるなど環境を整えるようにしましょう。

汗をかいたままで放置していると、気化する際に熱が奪われこれも皮膚を冷やす要因になります。特に手足は濡れた状態で放置しないようにするも大切です。

クリニックでの治療は、ビタミンEの飲み薬、塗り薬や生姜の漢方薬などを処方させて頂いております。

参考文献:あたらしい皮膚科学第3版 清水宏著 中山書店

2024/1/17 アトピー性皮膚炎の注射薬、デュピクセントが小児に使えるようになりました。

難治性のアトピー性皮膚炎治療薬デュピクセント(注射剤)、発売から5年以上たち世界中で沢山のアトピー性皮膚炎で苦しむ患者さんの人生を変えてきました。実際に投与された患者さんを拝見するとその効果はあきらかで、“Life change drug(人生を変える薬)”と言われた由縁を実感したものです。

このデュピクセント、効果も大きいのですが、もう一つ大きなメリットがあります。

それはいまだに重篤な副作用の報告がかなり少ないということです。当院でも沢山の患者さんに投与させていただいておりますが、副作用のために中止された患者さんはいまだおられません(結膜炎などが一時的に出たり、注射部位反応は一定数の方におこります)。世界中で膨大な数の方が使用されているにもかかわらず、大きな副作用報告がごく少ないというのは驚くべきことです。

このデュピクセント、従来成人にのみ適応がありましたが、昨年9月に小児にへの適応が追加されました。

これにより、生後6か月以上のお子さんからデュピクセントを使用して頂くことができるようになりました(投与には重症度などの要件を満たす必要があります)。

当院でも小児患者さんに投与を始めており、これまで掻きむしりが強くなかなか塗り薬や抗ヒスタミン剤の飲み薬ではコントロールが良くなかった患者さんが良くなられて、喜ばれております。

2024/1/7 今年もよろしくお願いします。

皆さま佳き新年をお迎えになられましたか?

地震や飛行機事故など、今年は大変な年明けでした。

まだまだ大変な思いをされておられる方いらっしゃることに、心を痛めております。

身原皮ふ科・形成外科クリニックは1月5日より診療を開始しております。

新年も沢山の患者さんにご来院頂き、この場をお借りしてお礼申し上げます。

待ち時間が多い中、ご来院くださった患者さんには大変ご迷惑をおかけし申し訳ございません。

ご来院くださる患者さん、皆さまのお悩みを皮膚科専門医、形成外科専門医の立場から解決し、診療の質を落とすことなく待ち時間をなるべく少なくするべく、スタッフ一同努力しております。皆さまの貴重なお時間を頂戴していることをいつも心において診療しております。


今年は当クリニック開業5年目に入ります。

これからも皆さまのお役に立つよう、皮膚科、形成外科、美容皮膚科診療に邁進して参ります。

当院は皮膚科専門医、形成外科専門医が在籍し、かつ家族で診療しているクリニックであるのが最大の特徴です。

この特徴を活かして、医学的根拠に基づいた治療をいち早く患者さんにお届けし、かつ美容診療においても美容しかみられない医療機関ではなく、皮膚科、形成外科の医学的知識、経験を30年近く有する院長と身原弘哉医師が皆さまにエビデンスに基づいた、効果的で安全かつ誠実な診療をお届けして参ります。


今年も身原皮ふ科・形成外科クリニックをどうぞよろしくお願いいたします。


2023/12/22 皮膚科で処方する医療用保湿剤

保湿剤には大きく分けて2種類あります。


モイスチャライザー

水分を沢山含み直接的に角層の水分を増加させます。

クリームやローション、スプレーなど剤型が豊富で使いやすいです。

 

例)ヘパリン類似物質(ヒルドイド)や尿素(ウレパール)

 

エモリエント

皮膚を覆うことにより水分蒸散を抑え間接的に角層の水分を増加させまず

油脂膜を形成することで水分蒸発を防ぐことから、ベタベタします。

例)ワセリンなど。

 

 それぞれの良い点、欠点があるのですが、乾燥や皮膚炎がひどいときにはどれを塗っても刺激になることがあります。


まずはお薬を塗っていただくことが大切!


患者さんと相談して、どのようなお薬をお出しするか日々考えて処方しています。



 


2023/12/16 乾燥肌には”落としすぎない入浴法”がカギ!

これからの季節に悪くなる乾燥肌

生活での注意点


石鹸やボディーソープなど、汚れを落とすものには界面活性剤が含まれます。


この界面活性剤の働きにより汚れは洗浄剤を触れるだけで浮き上がるので、

ゴシゴシとこする必要はありません。


ナイロンタオルでなくてもタオルなどでこする必要はありません。


洗浄剤をよく泡立てて手のひらで優しく伸ばして洗うことが大切です!


すねなどの特に乾燥が強い部分には

洗浄剤の使用を最小限にとどめることも重要です

  • 体を強く洗いすぎないようにする
  • 熱すぎるお湯は避ける
  • 長時間の入浴を避ける
  • 石けんはきちんと洗い流す

気をつけましょうニコニコ

<参考文献>

公益社団法人日本皮膚科学会 皮脂欠乏症診療の手引き作成委員会. 日皮会誌:131(10), 2255-2270, 2021


2023/12/11 乾燥肌とは

乾燥肌には大きく分けて3つの要因があります。


① 生理的要因 :年齢等によって自然に起こる変化


② 環境要因 :外気やエアコンによる低湿度(特に冬ですね)

お風呂の入りすぎや皮脂をしっかり落とす石鹸やこすりあらいなど


③ 非生理的要因:皮膚や全身の病気や抗がん剤や放射線などの医療によるもの



皮膚の一番外側にある角層はわずか0.2m程度と薄いものの、バリア機能があり

さまざまな物質(ばい菌やアレルゲン)から身体を守り、水分を保つ働きがあります。




<参考文献>

公益社団法人日本皮膚科学会 皮脂欠乏症診療の手引き作成委員会. 日皮会誌:131(10), 2255-2270, 2021


院長ブログ
院長ブログ
オンライン診療

クリニック案内

医院名
身原皮ふ科・形成外科クリニック
院長
身原 京美
住所
〒730-0013
広島県広島市中区八丁堀14-7
八丁堀宮田ビル7F
診療科目
皮膚科・形成外科
電話番号
082-512-4112