初診受付サービス

皮膚科・形成外科

身原皮ふ科・形成外科クリニック

〒730-0013
広島県広島市中区八丁堀14-7
八丁堀宮田ビル7F

お電話でも予約を承っております。
お気軽にお問い合わせください。

082-512-4112

ニキビ

  • にきびは9割以上の方が経験する、ごくありふれた皮膚の病気です。
  • 思春期にできることが多いのですが、20代、30代の方にも普通にみられます。
  • お顔に出来ることが多く、また炎症がひどくなるとあとが残ることもあり、患者さんにとってはとても苦痛になります。
  • ひどくなると病院にいくイメージがあるかもしれませんが、最近は出来たにきびだけでなく、だんだんにきびが出にくくすることもおくすりで出来るようになっています。
  • 当院では保険のお薬だけでは効果が十分出ない患者さんに、ピーリング(自費治療になります)を受けて頂くことも可能です。
  • にきびには正しいスキンケアも大切です。受診して正しい知識を身につけましょう。

1.ニキビのできるメカニズム

①目に見えない毛穴のつまり“微小面皰
ニキビは思春期になり皮脂分泌がさかんな状態になるとできやすくなります。
毛穴には皮脂を分泌する皮脂腺が口を開けており、ターンオーバーの乱れがおこると毛穴の出口の角層がはがれにくくなり、さかんに分泌される皮脂が詰まってきます。
この目に見えない毛穴のつまり“微小面皰”からニキビは始まります。

②炎症のないニキビ“面皰”
毛穴がつまり中にどんどん皮脂がたまっている状態です。
白ニキビ、黒ニキビともよばれます。

③炎症を生じたニキビ“赤ニキビ”
毛穴の中でもともと誰でも毛穴にいる菌(常在菌)であるアクネ菌などが炎症を起こして赤くはれてきます。
さらに炎症がひどくなると、膿をもつようになり、青ニキビになる場合もあります。

マルホ株式会社HPより

2.ニキビの治療

当院では、日本皮膚科学会の尋常性ざ瘡(ニキビのことです)治療ガイドライン2017に基づいた治療を行っています。

①面皰に対する塗り薬
2008年にビタミンA誘導体であるアダパレン(商品名ディフェリン)が保険診療で使用できるようになり、目に見えるニキビになる前の“微小面皰”から治療ができるようになりました。
その後、面皰除去作用と抗菌作用も併せ持つ過酸化ベンゾイル製剤(商品名ベピオ、ディフェリン、エピデュオ)が次々発売され、現在の面皰治療は過酸化ベンゾイル製剤を中心にアダパレンも選択肢として使用できるようになっています。

②抗生物質(飲み薬)
ニキビに対してガイドラインでも第一に強く推奨されているドキシサイクリンやミノマイシンを主に使用して治療しています。その他患者さんの状態によっては第2推奨であるロキシスロマイシンやファロペネム、クラリスロマイシンなどの処方もしています。
ニキビに対するこれらの抗生剤は、抗菌作用だけでなく抗炎症作用も有しており、炎症が落ち着くまでは比較的長期に(2,3カ月など)内服して頂いています。

③抗生物質(塗り薬)
抗生物質の塗り薬のみで治療すると、その抗生物質に対する耐性菌が作られやすいとされています。ガイドラインでの抗生物質のぬり薬は効果が認められており、ごく軽症のニキビには抗生物質の塗り薬のみを処方することもありますが、次々とニキビが出る場合には①の面皰治療薬への切り替えや併用をおすすめしています。

※ニキビにおける耐性菌の出現
ヨーロッパやアメリカはじめ、アジアや中南米でもニキビ患者さんからの薬剤耐性菌がみられるようになっており、特にヨーロッパではニキビ菌の半数以上(50-90%)が耐性菌といわれています。
これは抗菌剤の長期使用や、複数のおくすりの同時使用などの影響が大きいとされています。
これをうけて、ヨーロッパやアメリカでは過酸化ベンゾイルを含んだおくすりの使用がニキビの治療にガイドラインで推奨されて、標準的な治療になっています。
日本ではヨーロッパや欧米ほどニキビにおける耐性菌が大きな問題にはまだなっていませんが、2000年には0.5%未満であった耐性菌が、その後急激に増加して半数以上になっているという報告もみられます。


④サリチル酸マクロゴールピーリング
サリチル酸は肌表面角層の余分な角質を除去する作用が強く、皮膚の古い角層全て(毛穴の奥の毛漏斗部まで)を,炎症をおこすことなく剝離できるとされます。マクロゴールを基剤として使用することで、サリチル酸の作用は角層のみに限られ安全なピーリングが可能です(MBderma 209:165-174,2013, Bella Palle 2:48-49,2017)ニキビの始まりである微小面皰を取り除く効果が高く、角層表面を整えることですべすべの肌(J Invest Dermatol, 106:312-315,1996)に導きます。

⑤ビタミンC外用
ビタミンC(アスコルビン酸)には抗酸化作用があり,ニキビ,特に赤ニキビや青ニキビとニキビ跡の赤み(炎症後の紅斑)に対して効果があるとされます。(Int J Cosmet Sci, 2005; 27: 171― 176, J Cosmet Dermatol, 2010; 9: 22―27, Int J Cosmet Sci, 2009; 31: 41―46.)逆に、ビタミンCの内服などのビタミン剤内服は効果を確かめた報告はなく、ガイドラインでも推奨されておらず、当院でもおすすめしておりません。

3.スキンケア

低刺激性,ノンコメドジェニックテスト済み,かつ保湿性のある製品でニキビへの有効性が確かめられており(Aesthet Dermatol, 2007;17:272―278, 西日皮膚,2008;70: 429―435, Nanomedicine, 2011; 7: 238―241)、処方のニキビ薬に併用することで治療薬による皮膚への刺激を緩和し,効果を高めながら治療を円滑に進めることができるとガイドラインでも推奨されています。
当院では医師の診察と合わせて医師や看護師によるスキンケア指導を行い、低刺激性,ノンコメドジェニックテスト済み,かつ保湿性のある製品のサンプル提供、販売も行っています。

にきび記事

サリチル酸ピーリング 治療例

リスク 治療時のぴりぴり感、治療後の赤み・乾燥

院長ブログ
オンライン診療

クリニック案内

医院名
身原皮ふ科・形成外科クリニック
院長
身原 京美
住所
〒730-0013
広島県広島市中区八丁堀14-7
八丁堀宮田ビル7F
診療科目
皮膚科・形成外科
電話番号
082-512-4112